不動産担保融資

不動産担保融資とは?

 

お金を借りる際に、土地や建物などを担保にするという話を聞いたことはありませんか?
自分が所有している土地や建物、つまり不動産物件を担保にしてお金を借りること、融資を受けることを不動産担保投資といいます。
借りたお金が返済できなければ、担保になっている土地や建物を渡すというわけです。

 

ところで、不動産担保投資は何が良いのでしょうか?ここでは、不動産担保融資のメリットについて考えてみましょう。不動産担保融資のメリットの第一は、やはり低金利で借りることができることです。土地や建物といった不動産は確実な資産です。

 

そんな資産が担保になっているため、お金を貸す側としてもリスクが少ないため、低金利での融資が可能になります。返済期間も長期的に設定することも可能です。また、通常では保証人が必要なケースでも、保証人がいらなくなる場合があります。

 

不動産担保融資のメリットの二つ目は、フリーローンなので用途が自由であるということです。
不動産担保融資だと、総量規制対象外で、なおかつ金額の上限が高くなるので、高額の融資が可能になります。

 

不動産担保融資のメリットの三つ目は、つなぎ融資が可能であることです。つなぎ融資とは何のことか知っていますか?一時的にお金を借りる短期融資の一種です。不動産担保融資なら、こうした短期融資にも有効なのです。

 

事業資金を融資してもらう

 

脱サラして独立起業する人や新しく起業したいと考えている人は少なくないようです。
しかし、起業しようと思った時に一番問題になるのが資金面での問題です。
既に起業している人でも、資金調達に苦労している人は多いのではないでしょうか?

 

事業資金を融資してもらうとしてまず頭に浮かぶのは、銀行や信用金庫でしょう。
しかし、この不況の世の中、オリックス銀行や信用金庫は、新しく起業した人や経営実態が無い人には、なかなか融資してくれません。
では、どこから事業資金を融資してもらえばよいのでしょうか?

 

一番のおススメは、公的支援制度や政府系の保証制度を利用することです。
都道府県や市町村などの地方自治体や政府による融資制度なので、安心して利用できます。
まずは、インターネットで都道府県や市町村のHPをチェックしてみてください。
様々な融資制度が設けられていることがわかります。
中小企業や零細企業や個人事業主などの資金調達にも利用されています。

 

また、政府による融資制度としては、政府系の金融機関である「日本政府金融金庫」の融資や政府が保証人になってくれる「信用保証協会」などがあります。事業資金を融資してもらいたいと思うのであれば、これらの融資制度を上手に活用して欲しいと思います。

 

ブラックでも融資してもらえる?

 

お金を借りようと思っても審査が通らない…そんなあなたは、ブラックかもしれません。
ブラックになってしまったら、通常の消費者金融では融資してもらうのは厳しくなるでしょう。
とはいえ、お金が無ければ生活が困る…という事態になるかもしれません。

 

そんな時、「ブラックでも融資可能」「ブラックだからといって諦めないでください。即日融資できます」などの文字を見たとしたらどうでしょう。
直ぐにでも、その業者にお金を借りに行ってしまうかもしれませんよね。
しかし、そんな甘い誘惑に負けてしまうと大変です。
本当に借金地獄に陥ってしまうかもしれませんよ。

 

確かに、ブラックの人でも融資しれもらえる業者はゼロではありません。
しかし、その業者は、闇金である可能性が高いのです。
ブラックの人に融資してくれる会社は、慈善事業で貸している訳ではありません。
返してもらえないかもしれないというリスクの高いブラックの人に融資するのですから、在籍確認なしなんてあり得ないし確実にお金を返済してもらえるような何かがあるかもしれません。
例えば、暴力団が取立てに来るというようなことです。

 

また、何かしら理由を付けて融資せず、逆にお金を支払わせるような詐欺業者もあります。
ブラックで融資可能な業者に関しては、簡単に手を出さないようにして、そうしても必要ならキチンと大手のプロミス 審査を受けてくださいね。

 

車を担保に融資してもらう

 

お金を融資してもらう際に、土地や建物などの不動産を担保にするケースがあります。その担保を、不動産ではなく自動車にすることで融資してもらうローンもあります。それを、自動車担保ローンといいます。少し特殊なローンなので、一部の業者だけだと思われがちですが、最近では自動車担保ローン専門の業者が増えているようです。

 

ここでは、この自動車ローンについて説明しましょう。自動車担保ローンは、自動車が担保になるのですが、自動車にはどの位の価値があるとされるのでしょうか?融資する前に車を査定し、その範囲内でお金を貸してもらえるというケースが多いようです。返済が滞ってしまったら、担保になっている自動車が差し押さえになるという訳です。

 

担保になっている自動車は、返済を続けている限り自由に乗ることができます。借金に苦しんでいる人に自動車は贅沢だと思われがちですが、自動車に乗りながら融資を受けることができるのいうローンなのです。

 

しかし、自動車担保ローン業者の中には、最初から車を奪うことを目的としてお金を貸す詐欺業者があるようです。そのような詐欺業者にひっかからないようにして欲しいと思います。そして、査定に関しても、業者側に都合の良い査定が行われているようです。気をつけてくださいね。

 

このオートローンでも審査に落ちてしまう人は沢山いるのです。
審査に落ちた方たちが次に行くのはアコム 審査になります。
アコムでは審査通過率が非常に高く、はじめの与信額も中古車を買うくらい貸付を行っているので、オートローンに落ちたからといってあきらめないでください。

 

つなぎ融資

 

つなぎ融資という言葉を聞いたことはありますか?
住宅を購入した人の中には、公的融資などからお金を借りる人も少なくありません。
その他、オリックス銀行カードローンを選択する方も多くなっています。
しかし、公的融資の場合、消費者金融からお金を借りる時のように即日融資というケースは少ないです。

 

ほとんどの公的融資は、ローン実行まで時間がかかりますし、在籍確認なしのキャッシングなんて考えられません。。とはいえ、施工業者などへの支払い日が迫ってきています。そのため、ローンが実行されるまでの間に一時的にお金を借りて、その支払いを行うという目的のローンのことを、つなぎ融資といいます。公的融資などの本来の融資が実行されるまでの「つなぎ」の融資なので、つなぎ融資を言われるのです。

 

どうして、そんなつなぎ融資が必要になるのでしょうか?もう少し詳しく説明しましょう。例えば、家を新築した時のことを考えて見ましょう。建物が完成したとしても、支払いが完了していなければ、所有権を得ることができません。しかし、公的融資は、住宅が引き渡され、融資を受ける人の名義にならなければ融資してもらえません。

 

そして、実際に融資が実行されるまでには、1〜2ヶ月ほど必要です。つまり、建物が完了しても、直ぐに公的融資が実行されるわけではないのです。そこで、その間の資金を得るために、つなぎ融資がなされるという訳です。

 

どうしても今日中にお金を用意したい!と思っていても電話による在籍確認が気になり足踏みしている方必見です。
大手のアコムなら在籍確認なしでキャッシングができるのです。